淀川沿い

大阪梅田エリアに宿泊した際にオススメの朝ランコース

淀川沿いコースの概要

大阪駅から約2キロ程で淀川河川敷に着く。河川敷に出たら芝生コースを約2キロ、その後アスファルトの道を1キロほど行くとゴルフ場に到着するので、そこで折り返すという往復で10キロコース。

淀川沿いコースの魅力

あくまで大阪駅周辺スタートという前提だが、最大の魅力は都会Runと河川敷Runが両方楽しめるのが最大の魅力。ではコースを見ていきましょう!

大阪駅周辺をスタート。最初はこのような感じで街中Runを楽しみながら進む。信号がそれなりにあるので注意。

大阪駅周辺
大阪駅周辺

そのあとは阪急中津駅周辺を経由して十三大橋を目指す。淀川の河川敷は対岸にあるためこの橋を渡る必要がある。ここでだいたい2キロ程度。

十三大橋
十三大橋

そのあとは河川敷を走る。幅は無いが芝生を走れるのはありがたい。

この芝生道を2キロほど行き、そのあとアスファルトを1キロほど走ってゴルフ場に着く

淀川ゴルフクラブ

ここでだいたい5キロに到達するので、10キロ狙いの私としてはいつもここで折り返す。もちろんこの先も道はあるのでもっと走りたい方は是非とも!

その先はこんな感じ
  • コメント: 0

関連記事

  1. ホテルモントレ京都

  2. 夕焼けの鴨川

    【街紹介】京都

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。